大黒屋 買取《口コミ・評判》

大大黒屋 口コミ・体験談

大黒屋とは?

ブランド品を買い取ってもらうにあたり、大黒屋を利用する最大のメリットは店舗の多さと買取実績ではないでしょうか?事業の規模が大きいので取り扱い商品も多岐に渡っております。実店舗と宅配買取の両方を行っているので引っ越しなどのタイミングで大量に引き取ってもらうのに便利です。

客層が若いという影響があるからなのか、比較的少額の取引になりそうなブランド品も積極的に買い取ってくれます。「超高級なブランド品なんて持ってないんだけど」という不安はいりません。

また査定時間も比較的に短く、宅配経由の買取の場合でも最短だと大黒屋に品物が届いたその日に査定が完了し、即日お金を振り込んでくれるというケースも珍しくありません。電話で大まかな査定をしてもらう場合は最短3分!ということで、とにかくハイスピードです。

逆に、査定結果に納得できないときも、送料はもちろんのこと査定料やキャンセル料などはすべて大黒屋が負担してくれます。

汚れや傷モノでも「大歓迎」というので買取初心者さんでも取っ付きやすいのではないでしょうか?

いらなくなったブランド品をとりあえず大黒屋に全部送ってみて査定をしてもらうというのもひとつの手段。もし査定額が気に入らない品物があれば、それだけを返してもらえばいいわけです。

大黒屋のデメリットを挙げるとしたら、査定結果に色をつけてもらいにくいということでしょうか。大企業なので仕方がないことなのですが、安定した査定結果であるがゆえに上下にあまりブレません。買取キャンペーンなどをうまく利用すれば、お得な査定価格を見込めるかもしれません。

hikaku1

hikaku2

hikaku3

button-main

ブランド古着の買取ならネット査定ができる大黒屋で!

私はOL時代に着ていたブランド服が主婦になり着る機会がなくなったので、買取をして貰ったことがあります。

私が利用したのは「大黒屋」という買取ショップです。大黒屋はまずネットで画像を送ることにより、査定をして貰うことが可能です。急に品物を送りつけるよりも安心できます。ダンボールの大きさも自分で選べて、ラベルが付いているので、いちいち調達する必要がありません。

身分証明書のコピーが必要だというとを知らなかったのでちょっと慌てましたが、自宅のプリンターにコピー機能がついていて良かったです。

ブランド服は何着かあるとリサイクル店に持ち込むだけでもかさばったり、型崩れしてしまいそうでドキドキするのですが、ネット買取ならばスムーズに作業ができるのでとても便利です。

大黒屋でブランド古着を買い取ってもらいました。

いらない服、着ない服がたまり、クローゼットに入りきらなくなったので、衣替えを機に処分を始めました。汚れのひどいものやくたくたの服は雑巾にして、ノーブランドなどの安いものは町内の資源回収へ出しました。

着ないけれど捨てるのはもったいないブランド服は、いつも処分に悩みます。しかも、自分が買ったものではなくて、裕福な家庭の叔母さんが着なくなったからといただいたものなのです。でも、ブランド品と言えども好みが合わず、一度も袖を通してないものもあります。

そこで、大黒屋さんに買い取り査定をお願いしました。主なブランドは、バーバリーにラルフローレン、ラコスタなどの老舗です。コートやジャケット、ニット、ブラウス、ワンピースがありました。

どれも1枚数万円の品ですが、買い取り査定の見積もりは二千円から八千円でした。やっぱりコートが一番高かったです。もともと着ないものだし、個人的にはじゅうぶんな額だと思い、了承しました。

ブランド品の着ない服が出てきたら、またぜひお願いしたいと思っています。

寄付感覚でブランド古着を大黒屋へ売りに行きました。

大黒で、先日買取してもらいました。けっこうダメージが多かったアルマーニも1000円くらいかな?と思ったら500円だったり、ブランドのカバンはけっこうダメージでよたよた感が半端なかったので安くで買い取られました。 

洋服はゴミ袋いっぱい(45L)くらいに入れてノーブランドだと1500円くらいでした。バーバリーとかのブランドは1000円単位で買い取ってもらったので嬉しかったです!

小さいしみが付いたものも買い取ってくれました。もうゴミみたいな存在だったので掃除してしまおうとずっと思っていたので良かったです。

お米券や、JCBのギフト券などお祝いでもらったものは結構いい買取価格でした。使わないものは処分するくらいなら寄付する感覚で売ったほうが良いと思います。

専門知識の豊富な大黒屋での買取は安心

私はブランドアイテムなどを多く持っています。そのため、リサイクルショップには頻繁に行っています。その中でも評価できるのが大黒屋です。ここでは多数のサービスがあります。

個人的な感想では、大黒屋のブランド買取は優れています。その理由は、しっかりとした知識で買取をしているためです。私もその知識には助けられています。また、ブランドアイテムを的確に売るためにも利用価値があります。

自分が売ったのはエルメスとシャネルのアイテムです。特にバッグなどのアイテムを売る際、大黒屋は快く迎えてくれます。その雰囲気も非常に良く、取引もしっかりとしてくれます。私はブランドアイテムの買取に不安があったのですが、大黒屋では満足できています。

意外と高く売れないブランド品

(30代女性)
私は、ブランド買取と言えば大黒屋というイメージがあり、使わなくなったルイヴィトンの財布を持ち込んだことがあります。使わなくなったといっても、ほんの数回の使用でしたし、新品同様のものです。箱もタグも保証書も、きちんと保管していました。

素人検品ですが、傷や汚れもなく、美品だったと思います。元値は、7万5千円くらいだったので、4万円くらいになれば、即買い取ってもらおうと思いました。ところが、色々な理由を付けてきて、5千円と言われてしまったのです。

買取価格を上げるには、他にも売れる物を持ち込んで欲しいとのことでしたが、ブランド品をあまり持っていない私には、無理難題でした。だから、仕方なくその金額で買い取ってもらうことにしたのですが、あまりにも落ち込んでいたので、3千円上乗せしてもらえました。

言わずと知れた買取ショップ「大黒屋」

(20代男性)
自分用にアルマーニの財布を購入して使っていたのですが、一年しない間にもっと好みの財布をプレゼントしてもらったので、傷みのないうちにアルマーニは売ってしまうことにしました。

財布の買取と考えて、一番最初に浮かんだのが近所にもある大黒屋というお店でした。いつも看板を目にしていたこともあり、印象深かったのでとりあえず利用してみようと思ったのです。

他にも用はありましたし、お店の商品を見ている間にサクッと終わったのは助かりました。いい加減に鑑定されるのなら他を回ろうかなとも考えていたのですが、店員さんの説明も細かく丁寧でしたので、納得して財布を手放すことができました。千円いかないかもときいていたので、五千円の値がついたのは満足です。

父のロレックスを大黒屋で売却しました

(30代男性)
一昨年に父が急逝し、父が着けていた高級腕時計のロレックスを大黒屋の御徒町店で売却しました。

我が家からは大黒屋の店舗では池袋店の方が近いのですが、上野に用事で出かける機会があり、その時に父のロレックスをついでだから大黒屋で売ろうと考え、ロレックスをかばんに入れて家を出ました。

そして電車を乗り継いでJR御徒町駅に着き、前日にプリントアウトしておいた大黒屋御徒町店までの道順の地図を見ながら大黒屋御徒町店に辿り着きました。大黒屋御徒町店の店員は若い20代の青年でスーツを着ており印象は悪くありませんでした。

彼は私からロレックスを預かると店の奥に行き何やら誰かと話をして戻ってきて、「竜頭を外してみても良いでしょうか」と私に聞いてきたので「壊さないのなら良いですが、壊したら弁償して下さいね」と念を押してからロレックスの竜頭を外させました。

店員は竜頭を外して何かを確認している様子で「これは本物ですね。ロレックスは竜頭の部分を見ると本物かどうか判るんです」と私に教えてくれました。結局ロレックスは15万円で買い取って貰う事が出来、当初の予想の5万円を大きく上回った買取額で買い取って貰えたのは良かったです。

大黒屋で宝石を売却した時の体験談

(40代女性)
私は、自宅の近くの大和市にある大黒屋で、宝石を売却した事があるので、その時の体験談を記事にしたいと思います。

私の母は宝石が好きで、たくさん持っていました。母から譲り受けた大量の宝石はみんな高価な物でしたが、私の好みに合わなかったので、大黒屋に持って行って売却する事にしました。

高く売れた商品は、直径1cm位の黒真珠のネックレスと、やはり直径1cm位の真珠のネックレス2本でした。その他にも鑑定書付きの大きなエメラルドの指輪も高額で引き取ってくれました。

全部で22点の宝石を持参しましたが、御店の人が品物を一通り見て、いい品物ですね、とほめてくれたので、母はかなり高額な宝石を集めていたのだな、と思いました。

私の大黒屋の印象

(40代女性)
私は3週間ほど前に、大黒屋にプラチナ台のピアスと指輪を売りました。売った場所は大黒屋の本八幡店です。お店に入ったのは初めてだったのですが、外から見る通り店内はかなり狭かったです。

店員さんは30代後半から40代前半くらいの男性でした。ほとんど待たされることなく査定をしてもらいました。査定は比較的スムーズでしたが、説明は必要最小限でした。質問すれば答えてくれたとは思いますが、もう少し積極的に説明があってもよかったのではないか?とも思いました。

「ご自由にどうそ」と書かれたドリンクや飴が置いてありましたが、勧められなかったなかったので貰うことはしませんでした。私が店員さんだったら勧めるのにな、とは思いましたが、大金になるものを売りにいったわけではなかったからそんな対応だったのかな?とも思ってしまいました。

大黒屋で腕時計を査定

(30代女性)
旦那の腕時計を大黒屋で査定に行きました。家計の足しに旦那の使っていないブライトリングの腕時計を買い取りしてもらおうと行きましたが、とりあえず査定だけという名目で行きました。

70万ほどで購入したらしいのですが、査定をしてみると、10万ほどになっていました。確かに、キズだらけだし、仕方ないなと思ったのですが、少なくとも20万はいくと思っていた旦那はショックだったみたいです。保証書を付ければプラス1万で計11万ですが、保証書も無くしたらしく、旦那のいい加減さに呆れました。

とりあえず、その日は考えると買取りしてもらわずに帰ってきたのですが、どっちにしろあっても使わないよなって事になり、翌週の休みの日に買取りしてもらいました。

button-main