ビジネスマンの財布の選び方。ブランドは?長財布がいいの?

no.10_01

スーツに身を包むビジネスマン。

ビジネスマンと大学生とでは、やっぱり財布やカバンの選び方が違います。

マジックテープ式の財布がスーツに似合うと思いますか?登山用のリュックサックを背負って会社には行きませんよね?

160439-01

世の中には、スーツに似合うアイテムというものがあるのです。

社会人になるから心機一転、財布を新調したい新人ビジネスマン。ちょっと財布がくたびれてきたから買い換えたいビジネスマン。財布を購入するときには、ブランドや機能性、デザインなどを選ぶポイントは人それぞれにあるかと思います。

だがしかし、ビジネス用の財布選びには、欠かせないポイントがひとつあります。それは人に与える印象です。

ビジネスマンの財布選びに欠かせない印象とは、いったい何なのでしょうか?

ビジネスマンは財布2つ持ちが当たり前?

服装自由の会社が増えてきているとは言えども、まだまだスーツ着用を義務づけている会社は多いです。だから、スーツに合わせて財布もスマートで機能的なものがベター。胸ポケットにスッポリ収まるタイプがいいでしょう。

色は、落ち着いたスーツのカラーに合うブラックやブラウンといったシックなカラーがおすすめ!派手なデザインじゃなくて、シンプルなデザインのほうがスーツスタイルにマッチします。

この条件を踏まえると、無難なデザインの財布に落ち着きがち。でも、そのシンプルな財布が与える印象がとても大事。なぜなら、ビジネスマンとしてのマナーを理解し、常識がある人間というイメージを与えられるからです。

だけど、「普段の服装にはちょっと地味すぎるな」と感じてしまう場合は、仕事用とプライベート用で分けるのがおすすめ!仕事では機能的でスマートなもの、プライベートでは少し派手なデザインでおしゃれを楽しむ。

メリハリをつけるためにも使い分けるのはいい方法ですよ。

長財布派?二つ折り派?ブランドは?

143449-01

ビジネスマンの財布選びで、悩みがちなのは種類です。長財布、二つ折り、札入れ、小銭入れなどがありますね。三つ折りという選択肢はあまりないのかな?たぶんないよな。

おそらく、ビジネスマンの財布選びは、長財布と二つ折りの二択でしょう。

けど、どちらが正解なのか、という話ではなくてどちらも正解です。長財布派の人もいれば、二つ折り派の人もいるからです。

というわけで、それぞれのメリットを挙げていきましょう。

【長財布のメリット】

・胸ポケットにスマートに収まる
・大きいのでカバンに入れても出し入れしやすい
・お札が曲がらない

【二つ折り財布のメリット】

・コンパクトなのでズボンにスッポリ収まる
・カバンの中でかさばらない
・手のひらに収まるので持ちやすい

どちらにもメリットがあるので結局は好みの部分が大きいです。

ブランドも好みによります。好きなブランドを使うのが一番です。アドバイスをするのであれば、ハイブランドの定番がおすすめです!

流行り廃りがなく物持ちもいいので長く使えるので。売るときに高く買い取ってもらえるといのも大きなメリットだと思います。

button-main

ビジネスマン失格の財布とは?

財布は、長財布でも二つ折り財布でもどちらでも構いません。が、ビジネスマン失格だと思われてしまう財布があります。

それは、どんな財布でしょうか?

・レシートや小銭でパンパン
・ケアがされていなくてボロボロ
・百均で売っているような財布

上記のような財布を持っているビジネスマンをあなたはどう思いますか?

だらしがない人だなあ、しっかりしていない人だなあ、TPOがわからない人なんだなあ、という印象を持つでしょう。

たかが財布と思うかもしれませんが、されど財布です。見ている人は、財布までちゃんとチェックしていますよ〜。

財布の中をこまめに整理整頓する。汚れを拭き取ったり、磨いたりして丁寧にケアをする。財布の選び方も重要ですけど、使い方も同じくらい重要です。

ビジネスマン失格の財布にしないように注意して扱わなくてはなりませんね。

関連する記事はこちら