ブランド品の正規品と並行輸入品の違い知ってる?

heiko-dif

ドン・キホーテなどのディスカウントショップに立ち寄ると、有名ブランドの商品がお手頃価格で販売されているのを見ます。正規店で購入すると、高額な商品が比較的安価で取り扱われているので、それを疑問に思う人もいるでしょう。

こうして安価で販売されている多くの商品が並行輸入品であることをご存知ですか?

いわゆるショップで購入するものを正規品と呼びます。では、正規品と並行輸入品では何が違うのでしょうか?

この二つの違いについて説明していきます。

正規品と並行輸入品の大きな違いは何?

スクリーンショット (66)

同じブランドの同じ商品なのに価格が大きく違うと、何かおかしいと感じるのはごく自然なことです。高いお金を出して正規品を買うのはバカバカしいと思う人もいれば、ちょっと安いくらいで偽物を買うのはバカバカしいと感じる人もいるでしょう。

まず、正規品と並行輸入品とでは、仕入れルートが違います。正規品は、日本国内で該当ブランドを取り扱う権利を持った正規代理品店が仕入れて小売店に流通させた商品です。だから、価格がブレるということはありません。

一方で、並行輸入品は、ブランドから認可を得ていない業者が仕入れをしているものなので、お店によって価格にムラが生じます。

ブランド品の正規品と並行輸入品の大きな違いは、仕入れルートの違いといっても過言ではありません。

並行輸入品は本物か?偽物か?

162759-01

で、本題は販売許可を得ていない業者が仕入れて販売している商品は「本物なのか?」ということです。日本国内では、ブランド品をコピーして販売することが禁止されています。だから、店頭などに並ぶ商品はすべて本物ということになるのです。

並行輸入品を販売している多くの業者は、海外の正規代理店などが販売している商品を購入して日本国内で販売しているといわれております。これなら、海外では正規品だったということを主張できますね。ただし、各ブランドの地位は国によって異なります。例えば、ティファニーやコーチなんかは日本で買うより海外で買ったほうが安いブランドですね。日本では高級ブランドだけど、海外では庶民的なブランドなんていうこともありますよ。

2015-09-17 17.48.36

並行輸入品に問題があるとすれば、国によって品質を変えているブランドがあるということです。海外で販売されている正規品のすべてが日本の正規品と同じ品質というわけではありません。だから、日本の正規品と生地が全然違うじゃんということもあります。

小売店が仕入れルートを業者から細かく聞いて把握することはないのです。いわゆる独自のルートとやらで仕入れたブランド品が本物かどうかは仕入れ業者しかわかりません。

このような理由から並行輸入品が100%本物と言い切ることはできないのです。

さいごに

ディスカウントショップなどで販売されている並行輸入品は、確かに安くて魅力的かもしれません。しかし、完璧な正規品とは言えないので購入するリスクはあります。

日本の正規品であれば、買取業者が高く買い取ってくれるでしょう。並行輸入品もモノによっては高く買い取ってもらえるかもしれません。しかし、仮にオークションやネットショップで購入した並行輸入品が偽物だったら…。

並行輸入品は、よく考えた購入したほうがいいと思いますよ。

関連する記事はこちら