【買取実績】Dsquared2のコピー商品、偽物の見分け方

ディテールへのこだわりと、カジュアルながらも高級感の溢れるデザインが、数多くのセレブに愛されているディースクエアード。カナダで生まれ、ニューヨークで学び、ロンドンで暮らしながらイタリアで創作活動を続けているというそのインターナショナルな感覚が、鋭いデザインを生み出す元となっているのでしょうか。ドルチェ&ガッバーナの継承者との呼び声も高いその才能は、1994年に初のメンズコレクション・ショーを行って以来、瞬く間にトップデザイナーの仲間入りを果たしました。セクシーで華やかでありながら高級感を忘れないそのデザインはジーンズをはじめ多岐にわたります。ここでは、ディースクエアードのコピー商品、見世物の見分け方をご紹介いたします。

ディースクエアードのジーンズのコピー商品

まずは、DSQUARED2の中でも特に人気があるジーンズについてお話をします。ジーンズにおいて、「安っぽい」印象があるものは偽物を疑ってください。DSQUARED2のデニムが世界中のセレブから愛され、PVやコンサートツアーの衣装にまで使用されている理由のひとつとして、「着る人のスタイルをより良く見える立体感」があります。偽物はただ部分的に色を落としているにすぎませんが、本物にはヒゲ加工や色落ちの仕方にも、その立体感を出すための「職人技」が感じられます。どの部分の色をどのように落とせば着る人の脚がより長く見えるか、などがとことん追求されたデザインとなっています。ジーンズの偽物を見極めたいときは、まず近くで加工の仕方をチェックした後、今度は遠くから全体を眺めてみてください。クラッシュなども偽物は変化に乏しく、単純に穴が開けられたような印象を受けます。第一印象で特に際立った魅力を感じなかったとしたら、それは偽物の可能性が高いかもしれません。

Dsquared2のコピー商品を見分ける方法

ディースクエアードは、偽物を見分けるのが難しいブランドのひとつに数えられていますが、その理由は、タグ刺繍やブランドロゴが決められておらず様々な種類が使用されていることにあります。ただ、コピー商品や偽物にはやはり特徴がありますので、ここではそれをご案内いたします。最初に見るべき箇所は、「細部もきちんと作られているか」です。カジュアルなアイテムながら高級感のあるところがディースクエアードの魅力のひとつですが、「カジュアル」と「安っぽい」は別物です。この部分に注意をし、細部をチェックすることで本物を見極めることができるでしょう。まずは縫製。コピー商品や偽物というのはコストを抑えて金儲けをするのが目的ですので、外から見えない部分は手を抜いていることが多いです。縫製は荒く、生地は高級感に欠け安っぽく、デザインの印刷や刺繍の仕方が荒いのが特徴です。本物はタグの縫い付けや、裏地、ポケットの内側などまで細部にわたって気を配りながら制作されていますので、この違いはとても大きいものとなります

ディースクエアードのコピー商品をタグで見分ける

ディースクエアードの服の襟元にあるタグは、本物は左右1点ずつ、小さな箇所が手縫いで縫い付けられているものが多いです。ですので、ここがしっかりとミシンで縫い付けられているものは偽物である可能性があります。そして、サイズ表示はイタリアンサイズです。フランスともその他のヨーロッパ(EU規格)とも異なるものですので、注意してみてください。普段からイタリアンサイズに慣れている方が、試着した際におかしいと感じたら、偽物の可能性があるかもしれません。また、サイズは、ほとんどがタグの真ん中に書かれていますが、これが右だったり左だったりする場合もコピー商品を疑ったほうがよいでしょう。

3分 で完了

お客様の声

  • 手書きアンケート画像が入ります。 30代女性 Yさん

    まとめて30点売却。買取価格に驚きました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 20代女性 Wさん

    ルイヴィトンのバッグを高く買い取っていただきました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 30代男性 Tさん

    細かくプラス査定いただき、プロの目を感じました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 20代男性 Mさん

    今までグラムで査定する古着屋を使っていたのでびっくりしました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 20代男性 Sさん

    バーバリーのコート他、3点を売却。タイミングもよかったのか高く買い取っていただきました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 30代男性 Yさん

    20代の頃に着ていた年季物でしたが、思ったより高く買取、ありがとうございます。