30万円で始められる高級ブランドのコーディネート

suit

高級ブランドのアイテムは単体で見ていても、うっとりするほどの完成度があります。しかも組み合わせ次第で魅力が2倍にも3倍にも膨らみます。体型や普段のコーディネートなどを踏まえて、どう予算を割り振っていくのか考えるといいですね。コーディネート後の相乗効果を計算に入れてイメージすると、失敗がありません。特にシューズは、たとえインパクトがあるアイテムでも実力ブランドのものは意外とコーディネートがまとまるんですよ。


どうせなら予算30万円でフルコーディネートをしよう

高級ブランドのコーディネートを30万円で始めようと思ったらどうしたらいいのか。これはそうとう悩む問題ですね。たとえば、あるブランドのスーツが30万円だったとします。予算の範囲内だと喜んで買ってもコーディネート的にうまくいきません。なぜならシャツやネクタイ、ベルト、バッグ、靴などもスーツと同ブランドもしくは同レベルで揃えなければ、合わせたときにどうにもならない違和感が生まれてくるからです。これではせっかくのブランドスーツが生きません。30万円の予算でブランドコーディネートを始めるのなら、10万円のスーツ、8万円の靴、10万円のバッグというふうに予算を割り振ってみましょう。小物は手持ちを合わせるか、残った2万円で買うのです。これで十分楽しめますよ。

10万円で買えるブランドスーツって?

suitブランドスーツを予算10万円で買おうと思うと、残念ながらトム・フォードやアットリーニ、ブリオーニ、リベラーノ等の一流ブランドはむずかしいです。それでもなじみのあるヒューゴ・ボスやポール・スミス、ティモシー・エベレストなどは手が届く範囲ですよ。ヒューゴ・ボスはドイツのブランドですが、素材がしっかりしていて、着用時のシルエットがきれいです。ポール・スミスとティモシー・エベレストはイギリスのブランド。おなじイギリスものでもやややんちゃなイメージがあるポール・スミスと、クラシカルな魅力があるティモシー・エベレストではテイストが全く異なります。このあたりから始めて、最初は全身を同じブランドで揃えてみましょう。あらかじめ総予算を30万円と伝えておけば、直営店もしくは高級デパートの店員はきちんと予算内にコーディネートしてくれますよ。

全身30万円コーデなら、靴にこそこだわろう

yamacho予算30万円でコーディネートを考える場合、靴ほど難しいものはありません。ブランドにこだわるだけでもいけませんし、ノンブランドは安っぽく見える。そこで30万円のうち8万円以下で買えるブランド靴をあげてみましょう。
5万円以下の靴は入門編ですね。できれば5足はそろえましょう。コーディネートしやすいリーガルやスコッチグレインがお勧めです。スコッチグレインはリーガルほど知名度はありませんが、ややブリティッシュよりのゴツさのないシューズです。
8万円までだせば、山陽山長や大塚制靴があります。山陽山長は伝説の靴職人、関信義が作ってきた靴です。デパートなどで手に入りやすいですね。大塚制靴は皇室御用達の老舗。クオリティの高い靴です。5~8万円ランクは30万円コーディネートにちょうどいい、日本製高級ブランドのメイン価格帯なんですよ。定番から始めて、好みのブランドを見つけましょう。

関連する記事はこちら