ブランド好きな男が幸せのなれない理由…

頭のてっぺんからつま先までガチガチにブランド品で身を固めているブランド好きの男性を見かけたことはありませんか?

雑誌やインターネットの情報では「ブランド好きの男は危険!」と書かれていることが多いですけど、どうしてブランド好きの男に注意する必要があるのでしょうか?

ブランド好きの男性はモテませんし、ブランド好きの男性にひかれる女性は危険です。

自己顕示欲が強い?

ブランド好きの男は自己顕示欲が強いタイプの人が多い。

ブランド品と言えば、世の中の誰もが認める価値のあるモノです。そんなモノに身を包んでいると「自分も認められている」という勘違いをしてしまうのがブランド品の魔力なのです。ブランドには名前だけで十分な価値があり説得力もあります。

ブランド好きの男は、ブランド品を身につけることで自分自信の価値を上げていることが多いです。自己顕示欲を満たすということは取り立てて悪いことではありません。男性でも女性でも何かしらのブランド品を持つことはあります。

ブランド品を持つことで気が引きしまったり、ちょっとした高貴な雰囲気を楽しめたりということは自分を高める上でも必要。

しかし、ブランド好きの男は自己顕示欲が過剰なため「俺=ブランド」になってしまう傾向があります。そうなると、一般の人とは価値観が合いません。ブランド好きの男の価値観はブランドに依存するレベルのものになります。

そうすると、お付き合いしていてもズレが生じてしまうことが増えてしまうでしょう!

浪費癖があるかも?

男性は昔からプライドが高くて、自分の弱さを隠すために虚勢を張りがちな生き物。

ブランド品を買いあさって身にまとうという行為は、そのブランドを盾にして自らを守っているという可能性があります。「俺はこんなにブランド品を買えるんだぜ!」ということを周りに知らしめたいという我欲こそが虚勢の表れです。

だけど、ブランド好きの男性にそれに見合う収入が必ずしもあると言えるしょうか?

たまに見栄のために高級車を乗り回し、ブランド品でしっかり身を固め、高級レストランで食事をする男でも、実はボロアパートに住んでカツカツな暮らしをしているという人がいます。日々の生活が豊かでないなら、いくら虚勢を張っていても後々生活で苦労するのは目に見えています。

ブランド好きの男の単なる虚勢に騙されてはいけません!

結婚に向いてない?

ブランド好きの男は基本的に見栄っ張りです。自分の身の回りの様々なものをブランドで固めようとします。それが自分の器の大きさだと勘違いしているからです。

ブランド好きの男性と結婚してしまうと、身の周りのモノすべてがブランド品になってしまいます。それに見合う収入があるのであれば、どれだけブランドで固めても自由です。だけど、多くの場合は収入に見合わないブランド品への依存。

そうなると家計は圧迫されて生活が火の車に…。

ブランド品は独身だからこそ買えるモノだったりします。結婚したら生活のために買えなくなると、ブランド好きの男は虚勢が張れなくなるので落ち着かなくなるでしょう。もしも相手に黙って浪費をしたら…、悪循環ですね。

ブランド品の他にもたくさん大切なモノがあるということに気がつかなければ、ブランド好きの男が結婚をして幸せな家庭を築くことは難しいでしょう!

さいごに

ブランド好きの男は、おそらく幸せになれない可能性が高いでしょう。そして、ブランド好きの男性と結婚した女性もおそらく幸せになれる可能性は低いでしょう。

自己顕示欲が強い浪費家なんて男性から見ても嫌だと思います。それにしても、ブランド好きというだけで人はものすごい見られ方をするものですね。

関連する記事はこちら