ディオールの古着高価買取

top-image

3分 で完了

ディオール

宅配サービス|アイコン 宅配キットコース 梱包材や伝票をご用意させていただきます 境界線 宅配キット無料! 地方にお住いで店頭に来れない、時間もないという方におすすめです。
もちろん送料も宅配キットも完全無料。14時までにキットのお申し込み をいただきますと翌日にキットをお届けすることが可能です。
詳しく見る
  • WEBでお申し込み
  • 宅配キット到着
  • 梱包・発送
  • 査定・振込
自分で準備コース 業界最速!ご不要な梱包材を使ってエコにもなります! 境界線 宅配サービスイメージ写真 地方にお住いで店頭に来れない、時間もないという方におすすめです。
もちろん送料も宅配キットも完全無料。14時までにキットのお申し込み をいただきますと翌日にキットをお届けすることが可能です。
詳しく見る
  • 梱包材を用意
  • 買取申込書を印刷
  • 梱包・発送
  • 査定・振込

買取出来るもの

  • 時計
  • ブランドバッグ
  • ブランド財布
  • ブランドジュエリー
  • アクセサリー
  • ステーショナリー
  • ブランド食器
  • シューズ
  • ブランド服
  • 毛皮

■ 買取ジャンル(下記以外にもございます。お問い合わせください)

バッグ/ウエストポーチ/セカンドバッグ/トートバッグ/ビジネスバッグ/ボストンバッグ/クラッチバッグ/トランクケース/ショ ルダーバッグ/ポーチ/財布/カードケース/パスケース/キーケース/手帳/腕時計/ミュール/サンダル/ビジネスシューズ/パンプ ス/ブーツ/ペアリング/リング/ネックレス/ペンダント/ピアス/イヤリング/ブローチ/ブローチ/ブレスレット/ライター/手袋/ 傘/ベルト/ペン/リストバンド/アンクレット/アクセサリー/サングラス/帽子/マフラー/ハンカチ/ネクタイ/ストール/スカーフ /バングル/カットソー/アンサンブル/ジャケット/コート/ブルゾン/ワンピース/ニット/シャツメンズ/毛皮/Tシャツ/キャミソー ル/タンクトップ/パーカー/ベスト/ポロシャツ/ジーンズ/スカート/スーツ

ディオール買取について

ディオールについて
1905年、フランス北部ノルマンディー地方の港町グランヴィルで5人兄弟の2番目として産声をあげたクリスチャン ディオール。とても裕福な家庭で厳格な教育を受けながら何不自由なく育ちました。外交官になるべく勉強をさせられていた彼ですが、政治には興味なし。アートに惹かれます。両親の希望通り政治専門学校に入学しますが、政治の勉強はほとんどせず、カフェで芸術仲間とアートの話に没頭する毎日でした。もともと温厚で内向的で、人との言い争いができない性格だったディオールは、両親の期待と自分の気持ちとの間で悩みますが、その妥協点として画廊を経営することに。この画廊、斬新なアイディアで人気を博しますが、世界恐慌の煽りを受け、たった4年で倒産です。1931年、クリスチャン・ディオールが26歳の時でした。友人達に助けられながら、極貧生活をなんとか凌ぎますがそんな中、結核にかかってしまいます。やむなくパリを離れスペインのイビザ島で療養生活を送ります。自分を見つめ直すきっかけとなった療養生活を経て、パリに戻ってきた彼はデッサンを始めるんですね。ファッションデザインや色彩、デッサンの描き方を学び、そのうち、デッサンで稼げるようになりました。デザイナーとしての第一歩です。さまざまな経験を積む中、第2次世界大戦に遭遇します。このことが、ディオール、そして、世界の女性ファッションに大きな影響を与えることになったのです。

ついにメゾン「クリスチャン ディオール」誕生!!
戦争をきっかけに女性達の服装に対する価値観が変わってきました。優雅なロングドレスから簡素な格好へ。この世間の流れの中で、ディオールは悩みます。もともと裕福に育ったディオールは、機能性、合理性が重視されてくる中で、美しさ、優雅さ、今まで自分が追求してきた美学…譲れないものもありました。そんなディオール、強力なバックアップ、木綿王といわれたマルセル ブサックの援助を得てついに独立します。この当時の素敵なエピソードをひとつ。ディオールがブサックに会いに行く途中、星形の馬車の部品につまずき、それを拾ってポケットへ。そのままブランドへの夢を語ったことから、星はディオールのラッキーもチーフになったとか。さて、ついに本物のエレガンスを身に纏う貴婦人達のための小さなアトリエ、メゾン「クリスチャンディオール」の誕生です。戦後間もない1946年の暮れ、ディオール41歳の時でした。

新旋風を巻き起こす!?ブランド業界を牽引したディオール
メゾン「クリスチャン ディオール」がオープンしてはやくも2か月後、最初のコレクション 「コロール(花冠)ライン」を発表。丸みを帯びたなだらかなラインに細く絞ったウエスト、ロングスカートは、「ニュー ルック」と呼ばれ、世界一大旋風に。エレガントさを追求し、戦争で失われたフランスのモードを完全に取り戻したこのラインは、当時のモード界に衝撃を走らせます。そう、ディーオールは信念を貫き、誰でもは着ることができないような、貴婦人向けのエレガントで高級なものを発表しました。お金がないと買えなかったんですね。様々な物議を醸しましたが、世界中に受け入れられたのは確かです。その後もディオールは「業界初」と言われるようなことを次々と成功させていきます。ライセンス生産、シーズンごとに新しいラインを名付けて発表など、他のブランドに先駆けて行ってきたディオール。その功績は大きいですね。

3分 で完了

お客様の声

  • 手書きアンケート画像が入ります。 30代女性 Yさん

    まとめて30点売却。買取価格に驚きました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 20代女性 Wさん

    ルイヴィトンのバッグを高く買い取っていただきました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 30代男性 Tさん

    細かくプラス査定いただき、プロの目を感じました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 20代男性 Mさん

    今までグラムで査定する古着屋を使っていたのでびっくりしました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 20代男性 Sさん

    バーバリーのコート他、3点を売却。タイミングもよかったのか高く買い取っていただきました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 30代男性 Yさん

    20代の頃に着ていた年季物でしたが、思ったより高く買取、ありがとうございます。

3分 で完了