【買取実績】Bottega Venetaのコピー商品、偽物の見分け方

1966年の創業以来、職人たちが最高級の皮革製品を世に送り出し続けることで有名なボッテガ・ベネタ。革を編み込んで作られたメッシュバッグ、「イントレチャート」を知らないという人はいないのではないでしょうか。イタリアでも様々な分野で機械化が進んでいますが、この「イントレチャート」には、革を細い帯状に裁断するところから編み込みまで、手作業で行われるシリーズがあります。ファッションの国イタリアというイメージを作り上げ、また支えてきたこの職人たちの素晴らしい技を後世にも伝えていくため、次の世代の職人を育成するための学校まで設立されていることからも、どれほどこの伝統が重要視され、大切にされているかがおわかりいただけることでしょう。ボッテガベネタのイントレチャートが作り上げられる様子を目にすると、なぜこのバッグにこれだけの価格が設定されているのかをお分かりいただけると思います。しかしながら、このバッグにもまた、コピー商品・偽物が存在することがわかっています。

「イントレチャート」のコピー商品とは

ボッテガ・ベネタでもっとも人気があるのが前項でもご紹介したイントレチャートになり、偽物が多いのもまたこのラインになります。一枚の皮を細い帯状に裁断することだけでも大変手のかかる大仕事ですが、さらにそれを少しずつ編み上げていくのです。しかし偽物にはそこまでの時間や労働コストをかけていられませんから、もちろん機械で裁断し、そして機械で編み上げていきます。当然、仕上がりの違いは歴然。本物にはふっくらとツヤのある、なんともいえない温かみがありますが、偽物の出来栄えは平らで、のっぺりとしています。また、手作業で編み上げることにより、端っこや角の部分などに余裕を持たせ、中に入れるものによって優しく形を変える芸術品へと変身するわけですが、偽物にはそのような芸術的な豊かさは見られません。内側も、本物にはスウェード革が使われていますが、偽物は加工されていない普通の革や、ひどいものにはスウェード風の布が使われていることもあります。そして、本体から持ち手まで独自のシームレス技術で作られた、柔らかく美しいフォームが人気なのが本物ですが、偽物はこの辺りにシワが寄っていたり、逆に動きがなくまっすぐで持つときに引きつったりすることがあります。

Bottega Venetaの革製品のコピー商品

ボッテガ・ヴェネタの革製品の偽物を見分ける方法ですが、ブランドタグでわかることがあります。タグを作る際、A、B、C…とアルファベット別になっている刻印を、B・O・T・T…とひとつひとつ革のタグに打刻していくのです。そのため、本物のブランドタグを見ると、まずそれぞれの文字が革に深く入り込んでいるのがわかります。打刻されている証拠ですね。また、各々の文字が独立しているというか、綺麗にまっすぐには並んでいません。あぁ、これは一文字ずつ打刻されているんだな、というのがはっきりとわかるのが本物というわけです。これを頭に入れて偽物を見ると、「BOTTEGA VENETA」「MADE IN ITALY」とあらかじめ文字をそろえてから刻印しているのがわかります。そうなっていれば、偽物を疑ったほうがよいでしょう。バッグのみならず、財布などの皮革小物もブランドタグが手作りされていますので、革製品を見分けるときはぜひタグに注意してみてください。

Bottega Venetaの本物を見てみよう

ボッテガ・ベネタほど、本物と偽物が見た目ではっきりとわかるブランドもそう多くないでしょう。偽物を見分けるには、まず本物を直接見て、手で触れてみるのが良いと思います。直営店や路面店などで一度見せてもらうのが良いでしょう。そうすれば、次に偽物を見たときに、たとえインターネット上の写真を見ただけもはっきりとわかるようになります。重要なのは使用されている革の質と、編み込みの技術です。

 

3分 で完了

お客様の声

  • 手書きアンケート画像が入ります。 30代女性 Yさん

    まとめて30点売却。買取価格に驚きました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 20代女性 Wさん

    ルイヴィトンのバッグを高く買い取っていただきました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 30代男性 Tさん

    細かくプラス査定いただき、プロの目を感じました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 20代男性 Mさん

    今までグラムで査定する古着屋を使っていたのでびっくりしました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 20代男性 Sさん

    バーバリーのコート他、3点を売却。タイミングもよかったのか高く買い取っていただきました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 30代男性 Yさん

    20代の頃に着ていた年季物でしたが、思ったより高く買取、ありがとうございます。