【買取実績】Armaniのコピー商品、偽物の見分け方

ファッションのみならず、インテリアや化粧品、リゾート、レストランにまで幅広く展開し、世界中で愛されているイタリアの高級ブランド、アルマーニ。日本でもイタリアン・ファッションの代表として人気を博しているブランドです。現在アルマーニが展開しているブランドの中には、メインブランドのジョルジオ・アルマーニ(GIORGIO ARMANI)の他にも、セカンドラインのエンポリオ・アルマーニ(EMPORIO ARMANI)や、スポーツラインのEA7、そしてカジュアルラインのアルマーニ・ジーンズ(ARMANI JEANS)など、色々なラインがありますが、そのアルマーニにもコピー商品や偽物が存在します。偽物と本物と見分けるには、どんな点に気を付ければよいのでしょうか?ここではそのポイントについてお話しいたします。

Armaniの服のコピー商品、偽物はギャランティーカードに注意

アルマーニのどのブランドでも、服を購入すると「CERTIFICATO DI AUTENTICITA’」と書いたギャランティーカードがついており、そしてそのギャランティーカードは、各ブランド名の下に、おなじみのイーグルロゴとGAが合わさったマークがエンボス加工された、カードに挟んであります。まず、これがない場合は、本物ではない可能性があるでしょう。また、ギャランティーカードには下地としてGIORGIO ARMANIという文字がデザインしてあり、それを挟むカードも細かいエンボス加工がしてあります。これが無地であったりペラペラな紙だったりする場合は偽物と考える方が良いかもしれません。こうしたものにも気を使い、お金をかけた材質を使用するのがハイブランドの特徴です。

Armaniの服のコピー商品、偽物は襟タグに注意

また、襟元に縫い付けてあるタグですが、これは大小2つあることが多いです。上は小さな「Slim」や「Regular」といったモデルについて書いてあるもので、こちらは左右だけが留めてあるのですが、こちらは手縫いで、縫い目が揃っていません。ガタガタだったり、玉になっていたりと、かなり適当に縫ってあります。しかし、その下にある大きなものは、四方がミシン縫いされており、目が綺麗に揃っています。タグの端からの距離も一定で、非常に綺麗な仕上がりです。ですので、もしこれが両方ともミシン縫いで四方すべてを縫ってあるような場合は、コピー商品である可能性がありますね。逆に、どちらも手縫いの場合も疑った方がよいでしょう。ちなみに、上の小さなタグは無地の生地。下の大きなタグはイーグルのロゴマークが下地として入っていますので、こちらもよく注意して見るとよいでしょう。

Armaniの服のコピー商品を避けるには、レンタルがおすすめ

しかしながら、ブランドごとに多少の違いはありますので、そのアイテムが本当に本物なのか、それとも偽物の可能性があるのか、確実に見分けるのはやはり簡単ではありませんね。直営店で購入すれば問題はないのですが、やはり少しでも安く済ませたい、と考えてしまうのが人間です。そんなときは、リスクを負ってコピー商品の可能性があるものを購入するのではなく、レンタルサービスを利用してみるのはいかがでしょうか。これなら偽物の心配などすることなく、好きな時に好きなだけ、気になるブランドを試すことが可能です。月額を払えば、アルマーニをはじめとした100種類以上のブランド品が実質レンタルし放題。取引先のパーティーや友人の結婚式など、1日だけちょっといいブランドを身に着けたい、という時などにも便利です。特にネクタイなど、デートのたびに違うものをしていると、女性は「あの人おしゃれだな…」と気になってしまいます。次のデートはブランド物のメンズファッションレンタルを利用してみてはいかがでしょうか?

3分 で完了

お客様の声

  • 手書きアンケート画像が入ります。 30代女性 Yさん

    まとめて30点売却。買取価格に驚きました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 20代女性 Wさん

    ルイヴィトンのバッグを高く買い取っていただきました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 30代男性 Tさん

    細かくプラス査定いただき、プロの目を感じました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 20代男性 Mさん

    今までグラムで査定する古着屋を使っていたのでびっくりしました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 20代男性 Sさん

    バーバリーのコート他、3点を売却。タイミングもよかったのか高く買い取っていただきました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 30代男性 Yさん

    20代の頃に着ていた年季物でしたが、思ったより高く買取、ありがとうございます。