【買取実績】ディースクエアードのコピー商品、偽物の見分け方

高級感溢れる鮮やかで華やかなデザインが、数多くのセレブに愛されているディースクエアード。ドルチェ&ガッバーナの継承者との呼び声も高いその才能は、このブランドのアイテムが、マドンナをはじめとした名だたるアーティストのコンサートツアーやミュージックビデオで衣装として使用されていることからも容易に見て取ることができます。トロント、ニューヨーク、そしてミラノで磨き上げたその才能は世界中で認められ、その結果として偽物やコピー商品まで作られるようになってしまいました。ここでは、DSQUARED2の偽物・コピー商品の見分け方をご案内したいと思います。

ディースクエアードの洋服のコピー商品

ディースクエアードは、本物でも様々なタグ刺繍やブランドロゴを使用しているため、偽物を見分けるのは簡単なことではないのですが、やはりコピー商品の特徴というものがありますのでここではそれをお知らせいたします。まずはやはり縫製です。世界的セレブも好むDSQUARED2は、高級感というものを大切にしています。そのため、本物は細かい部分や見えない部分の縫製まで管理されていてしっかりとしているものですが、偽物はどうしてもコストを低く抑えようとする傾向にありますので、見えない部分の縫製は粗くなります。また、生地が安っぽいという意味で薄かったり、デザインの印刷が荒かったりというう点も本物と偽物では差が出てきます。タグやロゴも、本物と比較して偽物は薄っぺらい印象を受けますし、文字のフォントなどもきちんとしていないものは要注意です。カジュアルなアイテムながら高級感のあるところがディースクエアードの魅力のひとつですが、「カジュアル」と「安っぽい」は完全に別物ですのでぜひご注意を。

ディースクエアードのジーンズのコピー商品

DSQUARED2のアイテムの中でも特に人気があるジーンズですが、デニムアイテムにコピー商品など存在するのでしょうか?残念ながら、答えはYESです。洋服の項目でもお話しましたが、ジーンズにおいても「安っぽい」イメージがするものはまず偽物を疑いましょう。例えば、立体感。DSQUARED2のデニムが世界中の著名人にまで愛されている理由のひとつとして、着る人がよりスタイル良く見えるような立体感があります。本物にはヒゲ加工や色落ちの仕方にも、その立体感を出すための「職人技」が感じられますが、偽物はただ部分的に色を落としているにすぎません。クラッシュなども偽物は変化に乏しく、ただ引き裂かれたり単純に穴が開けられたような雰囲気が否めません。ジーンズの偽物を見極めたいときは、まず近くで加工の仕方をチェックした後、今度は遠くから全体を眺めてみてください。特に際立った魅力を感じなかったとしたら、それは偽物の可能性が高いと言えます。

ディースクエアードのコピー商品をタグで見分ける

ディースクエアードのサイズ表示はイタリアンサイズです。フランスともその他のヨーロッパ(EU規格)とも異なるものですが、偽物にはこの表示が適当なものがあります。普段からイタリアンサイズに慣れている方が、試着した際におかしいと感じたら、偽物の可能性があるかもしれません。また、サイズは、ほとんどがタグの真ん中に書かれていますが、これが右だったり左だったりする場合もコピー商品を疑ったほうがよいでしょう。フォントも本物は独特なものですので、普段からウィンドーショッピングをするなどして見る目を養っておくのが良いと思います。次は服の襟元にあるタグですが、他の高級ブランドと同じように、本物は左右1点ずつ、小さな箇所が手縫いで縫い付けられているものが多いです。ですので、ここがしっかりとミシンで縫い付けられているものは偽物である可能性があります。

3分 で完了

お客様の声

  • 手書きアンケート画像が入ります。 30代女性 Yさん

    まとめて30点売却。買取価格に驚きました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 20代女性 Wさん

    ルイヴィトンのバッグを高く買い取っていただきました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 30代男性 Tさん

    細かくプラス査定いただき、プロの目を感じました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 20代男性 Mさん

    今までグラムで査定する古着屋を使っていたのでびっくりしました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 20代男性 Sさん

    バーバリーのコート他、3点を売却。タイミングもよかったのか高く買い取っていただきました。

  • 手書きアンケート画像が入ります。 30代男性 Yさん

    20代の頃に着ていた年季物でしたが、思ったより高く買取、ありがとうございます。